成功する”M&A”徹底解説

成功する”M&A”徹底解説

M&Aにおける成功とは?

成功も失敗も、当事者の価値観によって異なるものです。
しかしながら、あえて成功の判断基準を語るならば、喜望大地では「課題を解決」と「ステークホルダーの幸福」ではないかと考えています。
ステークホルダーとは、企業経営におけるすべての利害関係者のことです。

M&Aを検討し決断に至る経緯は様々ですが、なにか課題を抱えていて、その解決の手段としてM&Aを選択されています。
その課題をM&Aによってどうしたいか。
それによって、関わるすべての人々はどうなるか。
この2つを確認してご支援しています。

成功のポイントとしては、買い手企業の見極め、自社を客観視した交渉、M&A後のフォローなどが挙げられます。
大切にしてきた事業だからこそ、焦って感情的になる経営者も少なくありません。

買収希望企業は幾度となくM&Aの経験があります。
実績のあるプロと、優先順位を確認しながら交渉に臨みましょう。

中小企業のためのM&A

買い手となる大手企業は、企業価値の増大を目的としています。
たとえ利益が横ばいであっても、企業の規模が拡大したのであれば株主も満足し、M&Aは成功といえるのではないでしょうか。

売り手となる中小企業は、そうした大手企業の目的を理解して動いていく必要があります。
M&Aも、通常のビジネスと同様にマーケティングの観点で考えてみましょう。
どんな企業であれば喜んで買うでしょうか。
自社を分析し、アピールポイントができたら、買収してもらいたい企業に自ら売り込みに行きましょう。

言うまでもありませんが、マッチングサイトに登録して待機するのとは、得られる結果も違ってきます。
M&Aは受け身でいるよりも、能動的に動いた方が希望する条件も受け入れてもらいやすいです。

私たち喜望大地は中小企業に有利な手段として、この能動的なM&Aを採用しています。

支持されている最大の理由

喜望大地には債務超過からのM&A実績も多数あります。

その理由は、事業再生士による資金繰り対応や、経営改善によってV字回復させるサポートを日常的に行っているからです。
赤字でも、売り手市場の業種であればM&Aは可能です。

急いで売却する必要がある場合は別ですが、私たちの感覚では、企業価値を高めてから交渉するのが普通です。
これは成功する会社売却の流れとしてはスタンダードな手順です。
事業が再生できていれば、期待以上の価額での交渉も可能になります。

ワンストップで事業再生からM&Aまで実現させるノウハウ、これが、喜望大地が信頼され、ご支持いただいている最大の理由です。

また、喜望大地のM&Aはいわゆる仲介型のサービスではないことも強みです。
最後まで売り手側企業(中小企業)に特化したご支援ができ、前述した能動的なM&A交渉に臨めるからです。

会社譲渡・事業譲渡をご検討されている方へ

◆経営者の高齢化が進むも、後継者不在
◆事業を存続させるためのM&A
◆利益を見据えた支援体制

詳細を読む

会社譲渡をするとどうなるのか?

◆社長の連帯保証・担保提供
◆従業員の雇用維持や処遇
◆会社譲渡で社名は残せる?

詳細を読む

会社譲渡・事業譲渡(M&A)の手順と当社の支援業務

◆理想を叶える能動的なM&A
◆専門家に相談する前に
◆喜望大地のM&A支援

詳細を読む

会社譲渡・事業譲渡に対する誤解

◆M&Aは大企業に限った話?
◆特徴のない中小企業でもM&A
◆債務超過の中小企業こそM&A

詳細を読む

買い手として手を挙げる企業とはどのようなところか?

◆買い手企業の目的
◆M&Aのメリットは時間短縮
◆M&Aの様々なニーズ

詳細を読む

近年、特に買収ニーズが強い業種とは

◆人気業種は売り手市場
◆ニーズが強い業種の共通点
◆具体的な業種紹介

詳細を読む

会社売却、成功のポイント

◆成功の分かれ目は売却時期
◆買収希望企業の視点を持つ
◆決意を見失わない

詳細を読む

会社譲渡・事業譲渡の成功事例

◆連帯保証が負担で会社譲渡した事例
◆仲介型でないことが強み
◆本音が言える関係

詳細を読む

M&Aとは

◆M&Aの概要
◆会社譲渡と事業譲渡の違い
◆中小企業側で見るM&Aのメリット・デメリット

詳細を読む

M&Aにおける株価の評価手法

◆中小企業の株価
◆様々な株価の評価手法
◆株価を有利な交渉材料にする

詳細を読む

譲渡希望価額と譲受希望価額

◆異なる希望価額
◆事業譲渡の価額はなぜ下がる
◆シナジー効果で付加価値を

詳細を読む

喜望大地が選ばれる理由

◆売り手に特化したM&A
◆借金があってもM&A
◆喜望大地が選ばれる理由

詳細を読む

成功するM&Aの流れ

◆M&Aの準備段階
◆交渉とデューデリジェンス、売却契約
◆重要な売却のタイミング

詳細を読む

   
PAGE TOP