会社譲渡・事業譲渡(M&A)の手順と当社の支援業務

会社譲渡・事業譲渡(M&A)の手順と当社の支援業務

理想を叶える能動的なM&A

会社売却の大まかな手順は、M&Aを検討する買収希望企業と出会い、希望条件を交渉し、契約する、という3段階です。

交渉内容は、M&A実行時期、M&A実行価格の目処、資金の受け渡し方法、役員の処遇、従業員の処遇、買収監査の実行の時期と調査の対象、表明と保証、排他的交渉権限など、多岐にわたります。

会社譲渡(事業譲渡)先とは3種類の出会い方があります。

1つ目はもともと取引関係や人的関係のあった企業。

2つ目は仲介業者のマッチングによって知り合った企業。
これらは受け身のM&Aといえるでしょう。

3つ目は、買収してもらいたい企業をこちらで選び、自ら売り込みに行く企業。
受け身とは真逆の、能動的なM&Aです。

私たち喜望大地は中小企業に有利な手段として、この能動的なM&Aを採用しています。

専門家に相談する前に

M&Aに失敗しないために必要なこと、それは準備です。

仲介業者や専門家に問い合わせる前に、まずは準備=経営者ご自身でシミュレーションしてほしいのです。

ポイントは、M&Aを検討した動機が何なのかということ。
自社がどの位置にいて、どこに行きたいのかがわからなければ、どんな優れた地図も役に立たないからです。

少しでも高値で売りたいのであれば、先に組織再編に取り組み、企業の価値を高めることもできるでしょう。
会社売却よりも事業売却が相応しいケースもあるでしょう。
連帯保証が負担なら、買収先でも継続して社長でいられるM&Aも存在します。

次々と浮かぶ理想条件に優先順位をつけましょう。
M&Aは交渉ですから、感情も動きます。

そんなときに当初の目的を見失って結論を出しては、本末転倒になるからです。
そしてその目的に合う専門家を選べばよいのです。

喜望大地のM&A支援

喜望大地の実績のなかには、あらゆる課題を抱えたM&A案件が多数存在します。

正直に申し上げて、M&Aさえ実現すればすべてが解決する、なんてことはあり得ません。

私たちは日常的にM&A案件を扱っていますが、クライアント様は必ずM&Aを選択せざるを得ない課題を抱えています。
その課題を解決する手段のひとつにM&Aを選んでいるに過ぎません。

私たちが優先しているのは経営者がどうしたいかです。
「売却しかない」とご来社いただいても、実際は売却の必要がない場合も多々あるのですから。

喜望大地は経営者の意志を尊重し、経営全体を見てご支援できるパートナーでありたいと思っています。

喜望大地では会社譲渡、事業譲渡の契約をゴールではなく「新しいスタート」と捉えておりその後の「会社譲渡、事業譲渡の成功」までをサポートいたします。

会社譲渡・事業譲渡をご検討されている方へ

◆経営者の高齢化が進むも、後継者不在
◆事業を存続させるためのM&A
◆利益を見据えた支援体制

詳細を読む

会社譲渡をするとどうなるのか?

◆社長の連帯保証・担保提供
◆従業員の雇用維持や処遇
◆会社譲渡で社名は残せる?

詳細を読む

会社譲渡・事業譲渡に対する誤解

◆M&Aは大企業に限った話?
◆特徴のない中小企業でもM&A
◆債務超過の中小企業こそM&A

詳細を読む

買い手として手を挙げる企業とはどのようなところか?

◆買い手企業の目的
◆M&Aのメリットは時間短縮
◆M&Aの様々なニーズ

詳細を読む

近年、特に買収ニーズが強い業種とは

◆人気業種は売り手市場
◆ニーズが強い業種の共通点
◆具体的な業種紹介

詳細を読む

会社売却、成功のポイント

◆成功の分かれ目は売却時期
◆買収希望企業の視点を持つ
◆決意を見失わない

詳細を読む

会社譲渡・事業譲渡の成功事例

◆連帯保証が負担で会社譲渡した事例
◆仲介型でないことが強み
◆本音が言える関係

詳細を読む

M&Aとは

◆M&Aの概要
◆会社譲渡と事業譲渡の違い
◆中小企業側で見るM&Aのメリット・デメリット

詳細を読む

M&Aにおける株価の評価手法

◆中小企業の株価
◆様々な株価の評価手法
◆株価を有利な交渉材料にする

詳細を読む

譲渡希望価額と譲受希望価額

◆異なる希望価額
◆事業譲渡の価額はなぜ下がる
◆シナジー効果で付加価値を

詳細を読む

成功する”M&A”徹底解説

◆M&Aにおける成功とは?
◆中小企業のためのM&A
◆支持されている最大の理由

詳細を読む

喜望大地が選ばれる理由

◆売り手に特化したM&A
◆借金があってもM&A
◆喜望大地が選ばれる理由

詳細を読む

成功するM&Aの流れ

◆M&Aの準備段階
◆交渉とデューデリジェンス、売却契約
◆重要な売却のタイミング

詳細を読む

   
PAGE TOP