会社譲渡をするとどうなるのか?

会社譲渡をするとどうなるのか?

社長の連帯保証・担保提供

中小企業の経営者のほとんどが、融資のための個人保証や、個人資産を借入金の担保に提供しています。
M&Aの交渉では、その借り入れによる債務も含めて、買収企業が引き継ぐ内容の契約にすることが一般的です。
それに伴い、精神的に大きな負担であった連帯保証や資金繰りの心配がなくなります。

M&A後は従業員とともに買収先へ行き、事業の引継ぎを行うのが一般的です。
新たな事業計画がある場合は引退して、退職金をもとに第二の人生を歩むのもよいでしょう。

買収先の8割は大手企業ですので、M&Aによって豊富な経営資源に恵まれます。
大手グループに加わることで、新たな技術開発もしやすくなり、販路拡大のチャンスも増えるでしょう。

また、連帯保証だけ解除し、以前と変わらず社長として最前線で活躍される方もいらっしゃいます。

従業員の雇用維持や処遇

中小企業基盤整備機構の調査によると、M&Aの最優先事項は「従業員の雇用確保」です。

従業員にとっては、経営者以上に聞きなれない「M&A」「譲渡」「買収」という言葉。
一時的であっても、不安にならない訳がありません。

会社譲渡において、大幅な人員削減や減給などは、実際には非常に少ない傾向にあります。

また、会社規模が大きくなるため、むしろ処遇がよくなることも期待できます。
従業員の処遇については、交渉のなかで雇用と処遇の維持が可能であるかを確認しましょう。

もし会社そのものは売却せずに一部の事業を切り離す「事業譲渡」の場合、残念ながら雇用は引き継がれません。
従業員は買収先に転籍するか、現在の企業の別部門として残るか、あるいは退職のいずれかから選択することになります。

会社譲渡で社名は残せる?

従業員の雇用も、望めば経営者も引き続き買収先で活躍できる旨をご説明しました。

では会社名はどうなるでしょうか。

会社譲渡後もそのまま継続して使用するのが一般的です。
事業の継続性のアピールにもなりますが、主たる理由としては、取引先やクライアントの混乱を避けるためです。

ただし、買収企業の子会社あるいはグループであることを明示した方が、今後の事業展開において役立つ場合もあるでしょう。

高値で売れる企業を探すのは大事ですが、条件に合うかどうかの判断を優先した方が、長期的に見ると後悔のないM&Aになります。
処遇を曖昧にしてトラブルにならないよう、些細なことも確認しましょう。

喜望大地のM&Aは仲介でないことが特長です。
中立公平ではありません、最後まで中小企業(譲渡側)の味方としてご支援させていただいています。

会社譲渡・事業譲渡をご検討されている方へ

◆経営者の高齢化が進むも、後継者不在
◆事業を存続させるためのM&A
◆利益を見据えた支援体制

詳細を読む

会社譲渡・事業譲渡(M&A)の手順と当社の支援業務

◆理想を叶える能動的なM&A
◆専門家に相談する前に
◆喜望大地のM&A支援

詳細を読む

会社譲渡・事業譲渡に対する誤解

◆M&Aは大企業に限った話?
◆特徴のない中小企業でもM&A
◆債務超過の中小企業こそM&A

詳細を読む

買い手として手を挙げる企業とはどのようなところか?

◆買い手企業の目的
◆M&Aのメリットは時間短縮
◆M&Aの様々なニーズ

詳細を読む

近年、特に買収ニーズが強い業種とは

◆人気業種は売り手市場
◆ニーズが強い業種の共通点
◆具体的な業種紹介

詳細を読む

会社売却、成功のポイント

◆成功の分かれ目は売却時期
◆買収希望企業の視点を持つ
◆決意を見失わない

詳細を読む

会社譲渡・事業譲渡の成功事例

◆連帯保証が負担で会社譲渡した事例
◆仲介型でないことが強み
◆本音が言える関係

詳細を読む

M&Aとは

◆M&Aの概要
◆会社譲渡と事業譲渡の違い
◆中小企業側で見るM&Aのメリット・デメリット

詳細を読む

M&Aにおける株価の評価手法

◆中小企業の株価
◆様々な株価の評価手法
◆株価を有利な交渉材料にする

詳細を読む

譲渡希望価額と譲受希望価額

◆異なる希望価額
◆事業譲渡の価額はなぜ下がる
◆シナジー効果で付加価値を

詳細を読む

成功する”M&A”徹底解説

◆M&Aにおける成功とは?
◆中小企業のためのM&A
◆支持されている最大の理由

詳細を読む

喜望大地が選ばれる理由

◆売り手に特化したM&A
◆借金があってもM&A
◆喜望大地が選ばれる理由

詳細を読む

成功するM&Aの流れ

◆M&Aの準備段階
◆交渉とデューデリジェンス、売却契約
◆重要な売却のタイミング

詳細を読む

   
PAGE TOP