用語集

エンジニアリング・レポート(ER)

不動産投資・不動産流通・不動産評価・不動産管理などに際して
対象不動産の状況を把握するためにおこなう、
対象不動産のデュー・デリジェンスです。

・物的状況に関する調査(物的調査)
・法的状況に関する調査(法的調査)
・経済的状況に関する調査(経済的調査)

これらのうち、物的調査を行い報告書にまとめたものをエンジニアリング・レポート(ER)といいます。
物的調査とは、対象不動産の立地状況、管理状況、遵法性、建築物の仕上・構造、設備の劣化状況、耐震性能、有害物含有状況、土壌汚染などについて、第三者的見地からおこなう調査のことです。

エンジニアリング・レポートはこれらに対する分析結果のほか、
工学的観点から再調達価格、修繕費用(緊急修繕費用・短期修繕費用・中長期修繕費用)、
地震による損失額(地震PML)などの経済的要素についての言及をおこなうことが一般的です。

全国24時間受付

無料相談はこちらから

お気軽にご相談ください

 

関連記事

  1. キャップレート(Capitalization Rate)
  2. 減損会計
  3. キャピタルゲイン(Capital Gain)
  4. エクイティファイナンス
  5. オフバランス(化)
  6. 売上高販管費比率
  7. 買付証明書
  8. 売上高経常利益率
PAGE TOP