用語集

ゴーイングコンサーン

継続企業ともいわれ、企業活動は永続するものとする企業会計の重要な仮定。

現実にはしばしば破産、清算および解散などによりその生命を終える企業がみられるが、
大多数の企業はその活動を永続的に続ける目的で維持されている。
そこで企業活動は永続するという仮定を設けることは一般に妥当なことと認められる。

このような仮定が特に必要なのは企業会計の基本的なメカニズムの決定に関してである。
いずれにしても現在の企業会計はゴーイング・コンサーンを前提としてフレームワークが組立てられている。

 

関連記事

  1. キャップエム(CAPM)
  2. 経営改善計画書
  3. 個人版民事再生法
  4. キャピタルゲイン(Capital Gain)
  5. 減損会計
  6. 合同会社
  7. 売掛債権担保融資
  8. 共同融資
PAGE TOP