用語集

個人版民事再生法

平成の徳政令ともいえる債務整理法。

利用するには「返済不能に陥る恐れがある」「住宅ローン以外の一般の債務が3000万円以下である」「安定した収入がある」などの条件をクリアする必要がある。

自営業者は「小規模個人再生手続き」、サラリーマンは「小規模個人再生手続き」か「給与所得者等再生手続き」かのどちらか有利な方を選ぶことができる。
どちらの手続きについても、整理後の債務額は原則として1/5前後に減額される。

全国24時間受付

無料相談はこちらから

お気軽にご相談ください

関連記事

  1. 合実計画
  2. 格付け
  3. キャッシュフロー計算書
  4. 勘定科目
  5. 企業再生ファンド
  6. キャピタルゲイン(Capital Gain)
  7. 競売
  8. アカウンタビリティ
お問い合わせ

PAGE TOP