用語集

売掛債権担保融資

売掛金の債権を担保にして、売掛金が納入されるまでの運転資金を金融機関に融資してもらう制度です。
売掛金が返済されるまでのつなぎ資金として、とくに中小零細企業にとって有効です。
経済産業省は、平成13年秋の臨時国会において中小企業信用保険法を改正し、中小企業者が売掛先に対して保有している売掛債権を担保として金融機関が融資を行う場合に、信用保証協会が保証を行う制度を創設されました。
その後、「売掛金債権担保融資保証制度」を拡充したもので、従来担保対象資産が売掛債権に限定されて
いたところ、新たに在庫を対象資産に追加したものに改訂しました(平成19年8月追加)。
これに合わせて本制度の名称を「流動資産担保融資保証制度(ABL)」と改称する
企業は「売掛債権」を担保にし、金融機関に対して『売掛債権担保融資』を申し込みます。次に、融資を行う金融機関は信用保証協会に対して「売掛債権の保証」を申し込みます。企業側が返済できない場合は、信用保証協会が代位返済(債務者の代わりに返済をすること)を行います。
また、資金の回収にともない、銀行と信用保証協会は「売掛債権」を使って資金の回収を行います。
売掛債権担保融資は、売り掛け先への通知や承諾を必要としません。このため「資金繰りで困っていること」は、取引先に知られずに済みます。

関連用語:ABL 保証協会 ファクタリング 代位返済

 

関連記事

  1. エンジニアリング・レポート(ER)
  2. 安全性分析
  3. エグジットファイナンス
  4. 売上高経常利益率
  5. 売上高利益率
  6. 売上高売上原価率
  7. アセットファイナンス
  8. アンゾフの市場製品分析(成長マトリクス)
PAGE TOP