用語集

安全性分析

管理会計の代表的な分析手法の一つ。
安全性分析とは、企業の財務的な安全性を分析すること。
短期の支払能力・資本の調達・運用の妥当性、資本構成を分析。
収益性に重点が置かれることも多いが安全性も非常に重要な指標である。
安全性分析の指標としては流動比率や当座比率、固定長期適合率、自己資本比率などがある。

貸借対照表を中心に決算書で企業の資産内容などをチェックし、企業の財務上の支払能力を把握するために分析する。

借金の支払能力や倒産しないかなどの安全性についての判断材料となり、
支払能力に問題がある 企業はビジネスチャンスを逸しかねないだけでなく、
買掛金や支払手形の返済ができずに最悪の場合は倒産に追い込まれる可能性もある。

また、安全性 を判断する際に、「短期的に見て安全か」と
「長期的に見て安全か」の2つの視点で判断する。

つまり、企業の支払能力(solvency)の分析と言い換えることができ、
短期支払能力と長期支払能力に分類されます。

短期支払能力は、一般的に流動性(liquidity)とも呼ばれ、
短期的な支払能力を表す流動性の代表的な比率としては、
「流動比率」と「当座比率」が挙げられる。

一方、長期的な支払能力を表す流動性の代表的な比率としては、
「株主資本比率」と「固定比率」が挙げられる。

関連用語:短期安全性:流動比率 当座比率 当座資産
長期安全性:株主資本比率 固定比率 固定長期適合率

 

関連記事

  1. 売上高利益率
  2. 金融再生プログラム
  3. 勘定科目
  4. インカムゲイン
  5. 売上高経常利益率
  6. アセットファイナンス
  7. 金融検査マニュアル
  8. 企業会計
PAGE TOP