用語集

格付け

国、地方自治体、事業会社等が発行する投資対象としての
債券の元金と利息が約定通りに行われるか否か、
つまり発行証券のリスク度合いをAAAなどの記号でランク付けしたもののこと。

発行する会社が有償で格付け会社に依頼する。
格付け会社は、市場やマクロ経済動向、業務内容、
財務状況などを総合的に判断して格付けを行う。

例えば、スタンダード&プアーズ(S&P)社の例では、
元本償還と利払いが最も確実とみられる債券をAAA(トリプルエー)、
以下最も不確実と見られるDまで10段階で評価し、
それぞれに強弱を示す+または-の記号が付く。
BB(ダブルビー)以下はデフォルト・リスクの高い投資不適格とされる。

一般に、その国で最も格付けの高い債券は国債だが、
日本では国債の格付けが下げられたことで、
これを上回る格付けの事業会社が多数ある。
なお、国債の格付けは格付け会社が独自の分析と判断で行うため、「勝手格付け」と呼ばれる。

 

関連記事

  1. アカウンタビリティ
  2. 会社分割
  3. キャップレート(Capitalization Rate)
  4. 期限の利益(喪失)
  5. 合実計画
  6. 金融検査マニュアル
  7. コーポレートファイナンス
  8. 借入コスト
PAGE TOP