用語集

減損会計

固定資産の減損会計とも呼び、企業が保有する資産の価値が下落、不動産、設備などの固定資産の収益性が悪化し、投資金額の回収見込みが立たなくなった簿価を、一定の条件のもとで回収可能な金額に減額させる会計処理のことをさす。

具体的には、対象となる固定資産が減損の兆候の有無があるかどうかで判断し、減損の兆候があり、かつ将来キャッシュフローの総額が簿価を下回る場合は、簿価とその回収可能な金額との差額を損失として財務諸表に反映させる。

平成18年3月期から適用が義務づけられており、減損会計の対象となる資産は、事業用の資産で、有形固定資産、無形固定資産であるが、これは土地や建物だけではなく、機械装置、運搬具、知的財産権、営業権(のれん代)なども含む。

 

関連記事

  1. 会社分割
  2. カスタマーロイヤリティ
  3. 企業再生支援機構
  4. 系列ノンバンク
  5. 経営革新計画
  6. 金融再生プログラム
  7. 合同会社
  8. 借入コスト
PAGE TOP