用語集

経営革新計画

中小企業新事業活動促進法に基づき、中小企業者が作成する、「新たな事業活動」について、「実現性がある数値目標」を具体的に定め(新商品の開発や新たなサービス展開などの取り組みと具体的な数値目標を含む)3年から5年(中期的)のビジネスプランのこと。

経営革新計画を都道府県などに申請して承認を受けると、政府系金融機関の低利融資、信用保証の特例、課税の特例等の支援措置の対象になる。

経営革新計画を作成・実施したことにより「経営目標が明確になった」「会社の進むべき方向が明らかになり、社員の意識が向上した」「対外的信用が増し、新たな取引が出来た」などの効果が出ているとの声が、経営革新計画承認企業から多く挙げられている。各都道府県や中小企業庁が行っている事業の一つ。

 

関連記事

  1. 売上高利益率
  2. キャッシュフロー計算書
  3. コア・ノンコア事業
  4. キャップエム(CAPM)
  5. 売上高当期純利益率
  6. カスタマーロイヤリティ
  7. キャップレート(Capitalization Rate)
  8. コーポレートファイナンス
PAGE TOP