用語集

間接金融

貸し手と借り手の間に金融機関が存在する資金の融通のこと。

資金を必要とする需要者(資金の借り手)と
資金に余裕のある供給者(資金の貸し手)の間で
資金の融通を行うことを「金融」というが、
その貸し手と借り手の間に金融機関が介在することを「間接金融」という。

日本の場合、銀行が企業と預金者の間に立ち、
預金者から預かった資金で企業に対し融資を行い、
その金利の一部を預金者への利子として還元する間接金融が主流である。

⇔直接金融

 

関連記事

  1. 売上高人件費比率
  2. コーポレートファイナンス
  3. オプション取引
  4. コングロマリット
  5. キャップレート(Capitalization Rate)
  6. 売上高経常利益率
  7. アセットファイナンス
  8. 売上高販管費比率
PAGE TOP