M&A

M&A

M&A可能性調査から、価額の算出、マッチング、クロージングまで
全国区の情報網による高確度マッチングでワンストップ、スピード対応を実現します。

慎重にならざるを得ないM&A。最終契約までは非常に時間を要します。経営者の意向をできるだけ実現するためにも、お早めに喜望大地にご相談ください。

中小企業のM&A

M&Aとひとことにいっても、大企業と中小企業では動機が異なります。大企業のM&Aは、投資家を意識した株式価値の維持や増大を目的とするものが一般的です。しかし、中小企業のM&Aの多くは、互いに会社存続の切実な課題を抱えているのが特徴です。
切実な課題の一例として、売り手側は後継者の不在などで事業承継がうまくいかなかったり、不得意分野からの発展的撤退などの問題が目立ちます。買収希望企業の課題としては、既存事業の補完として同業他社を買収するケース、あるいは全くの異業種を買収することで経営の多角化を目指す、などが傾向としてみられます。

契約書は専門家とチェック

M&Aの交渉開始後、譲渡・買収両者で初めて取り交わす契約書が基本合意書といいます。M&A実行時期、M&A実行価格の目処、資金の受け渡し方法、役員の処遇、従業員の処遇、買収監査の実行の時期と調査の対象、表明と保証、排他的交渉権限、最終契約締結、その他重要決定事項が決められます。これらのチェックはとても重要ですが、多くの経営者にとって不慣れな工程であり、リスクに頭を悩ませることでしょう。このリスクは知識と経験がないことから起こるものであり、専門家によるチェックであれば大半は回避することが可能になります。

Win-Winの関係に

現状では買収希望会社の需要が高いにも関わらず、譲渡希望会社が表面化していません。優良な譲渡会社にとっては比較的条件も通りやすくなっています。喜望大地では、譲渡企業のブランド力や技術力といったソフト面を重視し、それらが正当に評価されるよう進めます。
M&Aと聞くとマイナスイメージを持つ方もいるかもしれません。しかし、時代の流れと同様に、経営者もライフステージや今後のビジョンに変化を求めることもあるでしょう。数あるバリエーションから当事者にふさわしい手法を選び、企業同士が手を取り合う前向きな戦略と考えることもできるのです。

お電話(またはメール)でのお申込み

お電話では、簡単なヒアリングをします。面談日を決め、持参資料をお伝えします。決算書3期分、法人登記簿謄本(法務局)、直近までの試算表、資金繰り表などをご準備いただきます。
また、弊社の「経営相談申込書」をお送りしますのでご記入をお願いいたします。

初回無料相談

面談はプライバシーの守れる個室で実施します。現状をじっくりお聞きします。金融機関、取引先、社員、家族などには秘密厳守しますのでご安心ください。

ご契約・現地調査

契約金とコンサルティング料(月額)のご納得いただければ契約書を取り交わします。現地調査(有料/調査料10万~15万円+交通費・宿泊費などの経費実費)
現地、現場、現物を把握します。社長以外に、役員、社員、顧問税理士などと面談する場合もございます。

解決策のご提案

プロジェクトの方針および解決策をご提案します。具体的な解決事例などに基づき、シミュレーションとともにご説明いたします。ここでは詳細を具体的に、なるばく分かりやすくお話しします。ご不明な点があれば何度でもご相談ください。

解決策の実行

金融機関への同行訪問
金融機関への説明会(バンクミーティング)
債権者説明会の実施
得意先への個別訪問の実施
支援先への同行訪問
幹部や社員への説明会を実施
ご家族への説明会 など


私たち喜望大地と「チーム洲山」は、認定事業再生士を中心に、外部専門家の頭脳と経験を最大限に活用し、広範なプロジェクトチームによる解決を目指しています。

   
PAGE TOP